妊娠茶を飲む前に知っておくべき5つのこと

妊娠中と授乳中は2人分のお酒を飲むことになり、平均的な人よりも多くの水が必要になります。 妊娠中または産後の習慣にお茶を加えたい場合は、少量で安全で、味も美味しいと考えられている、一般的な苦情に基づいて設計された 3 つの新しいオーガニック ブレンドをご用意しています。
5 Things to Know Before Drinking Pregnancy Tea

妊娠には、お母さんと赤ちゃんの健康を保つための(無限に見える)食事提案のリストを含む、多くのライフスタイルの変化が伴います。

多くの場合、女性は次のような好きな食べ物のいくつかをあきらめます。寿司、卵ベースのドレッシング、ソフトチーズ。

朝や夕方の一杯のお茶というおなじみの楽しみを持つことで、地に足がついた状態を保つことができますが、長所と短所は何でしょうか?妊娠中と産後のお茶について知っておくべき5つのことをご紹介します。

  1. 水分補給の目標を達成しましょう

妊娠中と授乳中は2人分のお酒を飲むことになり、平均的な人よりも多くの水が必要になります。水は羊水の生成を助け、栄養を赤ちゃんに運び、体のエネルギーレベルをサポートします。お茶は、水に飽きて風味が必要なときに水分補給できるおいしい代替品です。

  1. 凍結してください

お茶の最も過小評価されている利点の 1 つは、お茶を冷凍して自家製アイスキャンディーを作ることができることです。妊娠中の吐き気を抑えたり、授乳中のホルモンやほてりの影響が活発になる妊娠第 4 期に体を冷やすのに最適な方法です。

  1. 有益なブレンド

多くの助産師や専門家は、ハーブティーが妊娠の問題を解決できると信じており、最も議論されているのは、早産に備えて体を整えることです。 当社のニューマザーズシリーズは、胃の不調を鎮め、母乳の生産量を増やし、落ち着きのない疝痛の赤ちゃんをサポートすると信じられている特性を持つ根、果実、花、種子、葉を使用しています。

  1. 安全に飲みましょう

自然由来の食品だからといって、妊娠中や産後に推奨されるわけではありません。赤ちゃんに対する漢方薬の影響に関する調査や研究は決定的なものではなく、その有効性についてはさまざまな意見があります。信頼できるリソースを見つけて、成分リストを必ず読むことが重要です。ご自身の状況について質問や懸念がある場合は、信頼できる医療専門家にご相談ください。

  1. フレーバーをめくってみる

人生のさまざまな時期に必要な栄養素は異なるため、複数の栄養源を持つことが最善です。妊娠中ずっと同じフレーバーのお茶に限定しないでください。これは、味覚に興味を持たせて、赤ちゃんが単一の物質に過剰にさらされるのを避けるための小さな方法です。

妊娠中または産後の習慣にお茶を加えたい場合は、少量で安全で、味も美味しいと考えられている、一般的な苦情に基づいて設計された 3 つの新しいオーガニック ブレンドをご用意しています。

ブログの初心者

品質と風味

オーガニック認定

倫理的に調達されたもの

削減された包装

American Express Apple Pay Google Pay Mastercard PayPal Shop Pay Union Pay Visa